【パナソニック・バスルーム】オフローラ・リフォムス・L-CLASSのオプション解説【ショウルーム】

マイホーム計画

こんにちは!

dearPU(でぃあぷ)先生です。

今回はマイホームに導入するバスルームを検討するため、前回キッチンを見に行ったときと同じくグランフロント大阪にあるパナソニックさんのショウルームにお邪魔しました!一時間かけて担当の方にご案内いただき、オプション品を見て回り、最後には私達が選んだ内容で見積もりをしていただきました。

パナソニックさんのキッチン、洗面ドレッシングについては下記の記事にまとめていますのでご参照ください。

オプションの種類がとても豊富で見ているだけで楽しいですし、数ある機能から必要な機能だけを組み合わせてあなただけのバスルームを実現することが可能です!注文住宅でパナソニックさんのバスルームを検討される方はぜひ一度ショウルームへ足を運んでみてください。

今回の記事ではそんなパナソニックさんのバスルーム商品である「オフローラ」「リフォムス」「L-CLASS」の違いとオプションについて画像を交えつつ解説していきます。定価ベースの見積もりやカタログも掲載していますのでよろしければ参考にしてください!

※ショウルームB1Fのリビングフロアは原則写真撮影禁止ですが、案内の方から特別に許可をいただき、他のお客様が映らないよう配慮した上で撮影しています。

※上記内容で撮影した写真についてはブログへの掲載許可をいただきました。

オフローラ・リフォムス・L-CLASSの特徴とオプション解説

パナソニックのバスルーム

パナソニックさんのバスルームのグレードは4段階あり、低い方から順に「FZ(エフゼット)」「Oflora(オフローラ)」「Refoms(リフォムス)」「L-CLASS(エルクラス)」となっています。各グレードの説明は以下のとおりです。

L-CLASS(エルクラス)空間の上質感を高め、身体と心をより良く整えるこだわりのバスルーム
Refoms(リフォムス)入る前から湯上りまであたたかい
リフォームにおすすめのバスルーム
Oflora(オフローラ)毎日のお風呂掃除がラクになる
いつもキレイなくつろぎのバスルーム
FZ(エフゼット)選び抜かれた快適空間を、あなたに。

この内、「FZ」は価格を重視して機能をかなり制限しています。そのため、パナソニックさんのバスルームのメインラインナップは「オフローラ」「リフォムス」「L-CLASS」ということになります。

オフローラはお掃除が楽で手頃な価格のバスルーム

パナソニックさんのバスルームのラインナップの中で最もスタンダードなグレードが「オフローラ」です。オフローラのベース価格は約120万円ということでした。

以下ではオフローラの標準装備について解説します。

「スゴピカ素材」で汚れや傷に強い

オフローラ以上のグレードでは、パナソニックさんの「スゴピカ素材」を使用した浴槽が標準で付いています。

「スゴピカ素材」は有機ガラス系の素材であり、美しいツヤとなめらかさが特徴です。そして、水や汚れをはじき、スゴく汚れにくいです。

また、オフローラとリフォムスではカウンター及び水栓にもこの素材が使われています。

床のスミに目地がなくお掃除らくらく「スミピカフロア」

オフローラを含む全商品には床のスミに目地がない「スミピカフロア」が標準で付いています。

スミピカフロアの解説

汚れが溜まりやすくカビが生えやすかった浴室のスミが改善され、汚れが落としやすくきれいが長持ちするようになっています。

断熱材で温かさ長持ち「保温浴槽Ⅱ」

オフローラから上のグレードでは、浴槽と風呂フタに発泡ポリスチレン断熱材を使用しており、熱がほとんど逃げない「保温浴槽Ⅱ」が採用されています。

なんと、5時間経っても湯温が2.5度しか低下しないということでした。

dearPU
dearPU

時間が経ってもお湯が冷めないため、追い焚きの回数が減り光熱費を節約できます!

汚れにくい「スキットドア」

パナソニックさんの全てのシリーズには「スキットドア」が標準でついています。

こちらはなんと、通常ドアの下部分にある換気口がドアの上部分に付いており、汚れが付着しにくい構造になっています。

ただ、換気能力に関して、通常のドアと同等以上の性能を持っているのかは分かりませんでした。仮に冷たい空気が入ってきた場合はドアに沿って空気が下がり、そのあと部屋上部の換気扇から出ていくため部屋全体を換気できると説明されています。しかし、冬以外で上部から冷たい風が入ってくることは少ないためその点が気がかりです。

リフォムスは寒さや狭さを解消していつまでも使いやすいバスルーム

リフォムスのベース価格は約160万円ということでした。以下ではリフォムスの標準装備について解説します。

またぎやすく出入りがラクな「スマイル浴槽」

リフォムスではまたぎこみ部分が5cm低く、厚みも薄くなっている「スマイル浴槽」が標準で付いています。

床と浴槽底の高低差が少ないため、姿勢が安定しラクに出入りすることが出来ます。

身体を支える「おきラク手すり」

リフォムスのみ、洗い場での立ち座りや浴槽の出入りなどをサポートする「おきラク手すり」が標準で付いています。他のグレードでは対応していません。

安全面はもちろんのこと、この手すりは小物類を収納する棚の役割も持っています。

dearPU
dearPU

収納でありながら手すりの役割も果たし、なんと言っても見た目がいいです!

この手すりを我が家に採用したいと思ったのもリフォムスを選んだ決め手の一つです。

「床・壁・天井断熱」で浴室まるごとしっかり断熱

リフォムスのみ標準で「床・壁・天井断熱」が付いています。他のグレードではオプションで付けることが可能です。

浴槽の断熱は各グレードに付いていますが、それだけだと浴室内の熱は逃げていくため入浴中にどんどんお湯が冷めてしまいます。そのことを防ぐためにも浴室全体を断熱することは必要だと感じました。

入るときからあたたかくする「床暖房」

リフォムスのみ標準で床暖房が付いています。他のグレードではオプションで付けることが可能です。

上記の「床・壁・天井断熱」と合わせることで、浴室全体を入浴前から温め、維持することが出来ます。

dearPU
dearPU

「床・壁・天井断熱」と「床暖房」のようにお風呂を快適な場所にするオプションが標準で付いていたのも、リフォムスを選んだ決め手でした。

排水口のお掃除を簡単に「ささっとキレイ排水口」

「ささっとキレイ排水口」は髪の毛が集まりやすく、捨てやすい形状のステンレス製ヘアキャッチャーです。リフォムスより上のグレードに標準で付いています。

フッ素系特殊コーティングが施されており、ぬめりにも強い排水口です。

浴室内をかしこく乾燥する「カビシャット暖房換気乾燥機」

リフォムスより上のグレードでは標準で「カビシャット暖房換気乾燥機」が付いています。

単純に湿気を吸い込むだけでなく、ルーバーで浴室に空気を送り込んで循環気流を形成し、湿った空気を効率よく入れ替えます。また、エコナビを搭載しており、節電しながら乾かすことが出来ます。

オプションでナノイー搭載型も選ぶことができ、こちらは節電乾燥運転中に空気中のカビを抑制します。

また「カビシャット暖房換気乾燥機(床暖連動)」が付いていれば上述の床暖房と連動するため、ボタン一つで浴室を温めておくことが可能です。

握りバー兼用スライドバー

リフォムスでは標準で「握りバー兼用スライドバー」が付いています。こちらはシャワーの高さ調節ができる他、立ち座りの補助としても役立ちます。

dearPU
dearPU

ただ、リフォムスでは上述の「おきラク手すり」も付いているため、手すりが2つも要るのだろうか?と疑問に感じました。

見た目以外の点ではあって困ることはないため、転ばぬ先の杖ということでしょうか。

L-CLASSは空間から素材までこだわりぬいたバスルーム

以下ではL-CLASSバスルームの標準装備について解説します。

全身を心地よく刺激する「リゾートバブル」

L-CLASSバスルームには標準で「リゾートバブル」が付いています。浴槽底面の噴気口から断続的に噴き出す大きな泡が心地よいリズムで全身を刺激します。浴槽に頭を預けるとバブルが背中を伝って首の付け根や肩にも届くように、噴気口の位置を設計されているそうです。

重厚感のあるエプロンに美しく納まる浴槽「マウント浴槽/グラリオエプロン」

L-CLASSバスルームには標準で「マウント浴槽/グラリオエプロン」が付いています。大きな天然石を切り出したようなエプロンに浴槽を納め、従来のシステムバスルームになかった高級感を実現しています。

dearPU
dearPU

L-CLASSバスルームの一番の特徴はその見た目の高級感です!他の素材では出せない重厚感を出しており、バスルームの印象がガラリと変わります。

重厚な石目調のカウンター「グラリオカウンター/グラリオダブルカウンター」

L-CLASSバスルームではエプロンとつながるカウンターも同素材となります。また、カウンターとエプロンが同じ高さに納まり、スッキリと上質な印象になっています。

継ぎ目が少なく水滴も流れやすい「メタル水栓」(スクエア・ささっとキレイ仕様)

L-CLASSバスルームには水垢がつきにくい処理をした「メタル水栓」(スクエア・ささっとキレイ仕様)が標準で付いています。

また、大きめのハンドルで操作がしやすくなっています。

パナソニックバスルームのオプション解説

以下ではパナソニックさんのバスルームに付けることができるオプションについて解説します。

肌の皮脂汚れまでキレイにする「エステケアシャワー」

こちらは全グレードのバスルームに付けることが可能です。マイクロバブルが肌のすみずみまで行き渡り皮脂汚れに付着、汚れを浮かせてシャワーの水で押し流します。

からだ洗いもおふろ洗いもWで節水できる「新W節水シャワー」

こちらも全グレードのバスルームに付けることが可能です。からだ洗い「eモード」(節水効果)、からだ洗い「ハードモード」、おふろ洗い「ささっとワイドモード」の3つをレバーで切り替えることが出来ます。

新W節水シャワーの実演コーナー

特に「ささっとワイドモード」では約2倍ワイドな散水幅で約2倍の水勢により少ない動きでお掃除が出来ます。

種類が豊富なLED照明

パナソニックさんのバスルームには様々な照明をオプションで付けることが可能です。これは他のバスルームメーカーが持っていない強みですね。

照明器具の一部です

標準は丸型のサークルLED✕2つです。様々な形のものや調光・調色機能のついたものまで色々ありますので、気になる方はぜひショウルームへ行ってください!

dearPU
dearPU

ちなみに私はパナソニックさんだけができるというライン型のライトを選択しました。調色機能付きでオプション金額が+6000円ということでした。さらに調光機能もつけるとなると、オプション金額が+30000円になるということでした。

浴槽でゆったり楽しめる「バステレビ」

こちらも全グレードのバスルームに付けることが可能です。

入浴しながら多彩なコンテンツを楽しめる、サラウンド対応スピーカー搭載の大画面バステレビ(16インチワイド画面)です。

専用ケーブルを使えば、ブルーレイディスクレコーダーとも接続可能。後述のシーリングバスオーディオとも接続できます。

背側2ヶ所からの噴流で身体を刺激する「ジェットバス」

こちらも全グレードのバスルームに付けることが可能です。ご自宅のバスルームでジェットバスを楽しむことが出来ます。

酸素のお湯でお肌しっとり「酸素美泡湯」

こちらはオフローラ以上のグレードに付けることができるオプションです。

酸素を含んだミクロの泡が、お湯を白くやわらかにします。入浴剤を使わなくても、身体を温め、肌表面をやさしくキレイにします。湯上り後も湯冷めしにくく、お肌の潤いも長続きするということです。オプション価格は人造大理石のお風呂で+約10万円、スゴピカ素材のお風呂で+約18万円です。

また、さらに上位のオプションに「オイルヴェール酸素美泡湯」があります。こちらは酸素の気泡に加えて細かく分散したオイルが肌を包み込み、水分を保持します。そのため、お湯に浸かるだけで全身を潤わせケアすることが出来ます。オプション価格は人造大理石のお風呂で+約16万円、スゴピカ素材のお風呂で+約21万円です。

酸素美泡湯の体験コーナー

BGMに包まれる「シーリングバスオーディオ」

オフローラ以上のグレードには、「シーリングバスオーディオ」を付けることが可能です。天井点検口フタを振動させることでバスルーム全体を包み込むような臨場感あるサウンドを流すことが出来ます。

Bluetoothを搭載しているため、音楽をワイヤレスで手軽に楽しむことが出来ます。

「ライトタッチ水栓」「らくピタ水栓」

オフローラ以上のグレードでは、「ライトタッチ水栓」「らくピタ水栓」をオプションで付けることが可能です。

「ライトタッチ水栓」はレバーを握ることなく、上下するだけのワンアクションで吐水・止水や流量調節ができ、濡れた手でも操作がラクな水栓です。

「らくピタ水栓」はワンタッチで簡単操作ができ、省エネにも配慮した電子水栓です。

お肌を美しく健やかに保つサウナ「ゲンキ浴i・ミスト」

オフローラ以上のグレードではミストサウナ「ゲンキ浴i・ミスト」をオプションで付けることが可能です。

たっぷり発汗するクリアミスト「サウナモード」と、エステタイムを楽しむクリアミスト「うるおいモード」の二種類を使い分け、お肌を美しく健やかに保つことができます。

シャワーの熱で曇り止めする「湯たんぽミラー」

こちらはオフローラとリフォムスに付けることができるオプションです。シャワーに使うお湯をミラー裏面の配管に通すことで温め、くもりを抑えます。

ぴったりの高さが選べる「えらべるカウンター」

リフォムスではカウンターの高さを3タイプから選ぶことが出来ます。

シャワーに包まれあたたまる「Theシャワー」

リフォムスより上のグレードではオプションで「Theシャワー」を付けることが出来ます。

ハンドシャワーよりも広範囲でお湯を浴びることができ、身体を包むようにシャワーが広がるため効率よく身体があたたまります。

頭上から全身に降り注ぐシャワー「オーバーヘッドシャワー」

こちらはL-CLASSバスルームに付けることができるオプションです。雨のように降り注ぐやわらかな水流に包み込まれることが出来ます。

ワンタッチでお好みのバスタイムに「液晶リモコン」

こちらはL-CLASSバスルームに付けることができるオプションです。

リゾートバブルや酸素美泡湯、照明、オーディオ、換気機能などがまとめて操作ができるタッチタイプのリモコンです。設定されたシーンを選択することで、複数の機能を一括操作することができます。

リフォムスのその他設備

私は今回リフォムスについて見積もりをとっていただくことにしました。その際、更に細かいオプションを指定したので以下ではそのことについてまとめます。

水栓は種類がたくさん

上記オプションでも書いたとおり、水栓は種類がたくさんあります。

私は色も選べるスゴピカ水栓にしました。

カウンターは「横長」か「縦に2段+水栓上の小さな棚」

カウンターは二種類から選ぶことが出来ました。我が家は洗い場が広い1620サイズのお風呂ですので、見た目を気にして横長のタイプのカウンターを選びました。

鏡は縦長か横長か

鏡は縦が標準で、+8万円で横長にできるということでした。こちらも見栄えで言うと断然横長のほうが良かったのでそちらを選択しました。「おきラク手すり」との相性も◎です。

タオル掛は継ぎ目無しのものに

タオル掛もたくさんの種類がありました。

タオル掛も種類が豊富

私は汚れが溜まりにくく掃除がしやすい継ぎ目無しのタイプを選びました。

浴槽は3タイプから

浴槽は上述の「スマイル浴槽」の他、ゆったり入れる卵型の浴槽と、頭から足へのラインが斜めになっている浴槽の3タイプから選ぶことが出来ました。私は通常のスマイル浴槽を選択しました。

また、1621のお風呂であればワイド浴槽も選べるということでした。

リフォムスの見積もり&カタログ

リフォムスの見積もり

ショウルームでは案内の方から説明を聞きながら気に入ったオプションを選び、見積もりをしていただくことが出来ます。

見積もりはショウルームに伺った日の翌日にメールで送付していただきました。

参考までに私の見積書を載せておきます。ただし、こちらはあくまでも定価ベースの見積書であり、ハウスメーカーなどを通しての見積もりはまた別途必要とのことでした。

リフォムスのカタログ

見積書と一緒にいただいたカタログも参考として載せておきます。

リフォムスのカタログ(参考)

まとめ

今回の記事ではパナソニックさんのバスルーム商品である「オフローラ」「リフォムス」「L-CLASS」の違いとオプションについて画像を交えつつ解説しました。

一戸建て注文住宅を検討されている方の参考となれば幸いです。

今回の記事は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました